在宅ワークや副業が本業の会社にばれない、という情報が


ネットに溢れているようです。


主な誤情報は、


・確定申告の時に「普通徴収」にチェックを入れる


・副業の年間収入が20万円以下なら確定申告しなくてよい


こういったニセ情報で副業が会社にバレてしまった方も


いるようです。


税金の仕組みは複雑ですし、


ネット情報を信じるか信じないかは


自己責任的な所もありますが・・・


今一度、在宅ワークや副業が会社にバレない方法をまとめてみたいと思います。

在宅ワークや副業が会社にばれない方法はある?

普通徴収、20万以下確定申告いらないに騙されない

インターネットの情報には、


確定申告の時に特別徴収⇒普通徴収にチェックを入れれば副業がばれない、


とか、


副業の収入が一年間で20万円以下であれば


確定申告する必要がない、


といった間違った情報で氾濫しています。


一つ一つ見ていきましょう。

普通徴収にしたのに特別徴収扱い?!

副業が会社にバレてしまう大きな理由は、


住民税の金額です。


会社員の住民税は普通はお給料から天引きが多いと思いますが、


副業で収入が増えると、住民税の金額が変わります。


住民税の金額の変化で会社の庶務や経理、人事の目にとまり副業がバレやすいのです。


だったら、確定申告の時に「普通徴収」にチェックを入れて


住民税を自分で払えばバレないよ!


という情報が出回っていますが、これは間違い。


確定申告の時に普通徴収に入れても、後ほど自分の知らない所で


特別徴収に戻されていた、というケースもあります。


こうなると普通徴収にした意味がありません。


会社に副業がバレたくない時は、


お住まいの市町村区の役所にいって


普通徴収扱いにできるかどうか?きちんと確認しなければ


100%会社にバレないとは確認しようがないのです。


都道府県によっては、特別徴収推進を行っている所もあるので、


普通徴収にできるかは自治体の対応次第な所があります・・・

年間収入20万以下は確定申告をしない

副業やアルバイトの年間収入が20万円以下だったら


申告しなくていいことと、


会社にバレてしまうということは関係がありません。


申告しない=バレない という図式にはならないんですね^^;


副業の収入が年間20万以下なら確定申告しない、という考えは


所得税だけに適応します。


副業していれば住民税は当然変わってくるので、


副業している人こそ住民税の申告は必要ですね。

給与所得者の扶養控除等の(異動)申告は本業のみに提出


参照元:https://www.nta.go.jp/


よく年末になると渡されるコレ。


そうです、給与所得者の扶養控除等の申告。


例えば、副業のアルバイト先でこの用紙を渡されても書いてはいけません。


この用紙は収入の多い方を一枚書いて提出すればいいのです。


副業のアルバイト先には、


・本業があるので給与所得者の扶養控除申告はできない


・源泉徴収税額表の乙欄で処理してほしい


この二点をアルバイト先に伝える必要性があります。


どうしてこの給与所得者の扶養控除申告書で副業がバレてしまうのかというと、


もともと一枚提出する書類であり、二枚以上提出すると、


税務署から本業である会社に調査の電話が入ることがあります。


これにより副業していることが会社にバレてしまうんですね・・・


なので、


・給与所得者の扶養控除申告書は収入の多い方に出す


・給与所得者の扶養控除申告書は2枚以上提出しない


ことです。


そもそも、本業の会社で副業が禁止と就業規定に決まっているなら、


特にアルバイトは避けたほうがいいですね。。


在宅ワークならまだしも、アルバイトは特に会社にバレやすいです^^;


それと、会社に副業がバレたらどうしよう・・・


なんてずっとビクビクして小銭を稼いでいるよりも、


副業で本業より稼いでしまえばいいと思いませんか?(笑)


私もこのパターンで、


本業で就業しつつ、副業をはじめて


副業のほうが数倍収入がよくなりましたので、


副業が本業になったパターンです^^


メルマガにご登録いただくと、


その秘密をメルマガ読者様限定で公開していますので


ぜひ無料登録してみてくださいね。
↓   ↓   ↓




・ノウハウコレクターになってしまっている
・アフィリエイトって稼げるの?

などなど、アフィリエイトのご相談はお気軽にあーこまでお問い合わせください♪

お問い合わせには100%回答していますし、
みなさんに喜んでいただいています^^
↓ ↓ ↓
>>あーこに問い合わせしてみる